デジヴォ2 エディターで、対応している音声データ

デジヴォ エディター(DiGiVoⅡEditor)で扱える音声データ

デジヴォg8

デジヴォg9

デジヴォ エディター(DiGiVoⅡEditor)で扱える音声データは、DiGiVoⅡで録音した音声データ、CDAファイルと以下の形式のWAVファイル、MP3ファイルです。

  • サンプリングレート 11.025KHz、22.05KHz、または44.1KHz
  • 量子化ビット数 8ビット、または16ビット
  • チャンネル数 1、または2(読み込み時にモノラルになります)

サンプリングレートの11.025KHzはDiGiVoⅡのLPモード、22.05KHzはSPモードに該当します。
44.1KHzのWAVファイルまたはMP3ファイルをデジヴォ エディター(DiGiVoⅡEditor)に読み込むと、サンプリングレートは22.05KHz(SPモード)に変換されます。
11.025KHz、22.05KHzのWAVファイルまたはMP3ファイルを読み込んだ場合はそのままのサンプリングレートです。

用意するもの

WAVファイル、MP3ファイル、またはCDAファイルと、それに対応する参考文書を用意します。
デジヴォ エディター(DiGiVoⅡEditor)ではテキストデータを「参考文書」という呼び方で扱います。
キャプションの編集は、音声を聴きながら参考文書から文字をコピーし、「キャプションの編集エリア」に貼り付けていきます。
音声ファイルだけで参考文書がない場合、音声を聴きながら直接「キャプションの編集エリア」で編集を行うこともできますが、まずWindowsに付属しているメモ帳やワープロソフトを使って、あらかじめ参考文書を作っておくことをお勧めします。

次のページへ

▲ トップに戻る

株式会社エムロック 代表取締役 中道唱力オーナー兼会長 戸矢崎由里子